ASC確認音源シリーズ

 

 

 

 

 

2007年4月8日収録 於:サウンドデン ウッヅホール

完売(但し河村貴之さんの方に若干の在庫あり)

ご希望の方は河村さんに連絡しますのでこちらに連絡ください

 

 

2006年3月19日収録  於:ライブハウス ミンガス

ASCの前身である「オーディオファンクラブ広島」が1992年、ミンガスで 最初に

デュオを録音して14年目の録音です。92年に録音された同じ曲目の3曲も収録

されており、当時の録音との違いを比較することができます。            

ミンガスでの録音なので、録音に立ち会っていなくてもミンガスの演奏を聴きに  

行くことで録音現場を追体験でき、真の意味で確認音源として活用できます。  

 

お問い合わせ先 ASC事務局 

メールアドレス asc@seiko-sya.co.jp

ASCレーベルとしては一般の方が現在入手可能な唯一のCDです

 

 

2005年4月24日  於:サウンドデン ウッヅホール

サウンドデン設立25周年とASC結成10周年を記念して作成したアルバム

赤川新一氏マルチマイク録音と、ASCのワンポイント録音の同時録音

ASCでの取り扱いはありません

 録音風景

CD盤とSACDハイブリッド盤の2枚組で、マルチ録音の「再生現場での演奏の

再現」に対し、ワンポイント録音は「録音現場の再現」の違いが聴きどころです。

聴き慣れたマルチ録音と比較して、音場や音源の定位を見事に再現するワン

ポイ ント録音の臨場感の違いに驚かれることでしょう。              

例え録音現場に立ち会っていなかったとしても、目の前にはホールの空間と 

それぞれの楽器の姿が浮かんできます。 ただし、ワンポイント録音は録音  

音源の加工を一切行っていないため非常に情報量が多くワイドレンジである 

反面、CDの情報をすべて引き出し、正しく再生する装置でなければ、その臨 

場感は味わうことができません。                           


まず目の前に自然な空間が出現しなければ、あなたの装置はすべてのCDを

正しく再生していないということを知ることができます。              

 

 

 

2002年5月11日収録  於:サウンドデン ウッヅホール

サウンドデン ウッヅホールでの、こけら落としとなったライブ録音第1弾。

ホールトーンも取り込んだ録音となっており、サックス奏者が演奏しながら

動き回るので、装置によってサックスが離れた時の再現が難しい。    

ASCでの取り扱いはありません

 

 

 

ASC確認音源CDシリーズ“土と水”完売いたしました。
お買い上げいただいた皆様有り難うございました。


2001年8月4日収録  於:坂 高麗左衛門氏アトリエホール

セミの声が聴こえますか?といったキャッチフレーズで一躍有名になったCD。

自然な再現が難しくオーディオマニアの間で一番難しいテストソースとして有名

ある意味、ASCのバイブル的な存在。 3曲目のサマータイムは必聴です。  

CD製作会社が解散したため預けていたマスターCDが行方不明となり廃盤と 

なったため入手不可能に、現在でも惜しまれている貴重な確認音源です。  

廃 

 

 

 


←Back