ハッピージャムパケットWeb版

2003年のASCの活動です。


2003.2.15定例会

 2月の定例会は話題のX処理vsクライオ・スーパークライオ処理の対決。もはや定番といってもいい、レゾナンスチップの新作レゾナンスチップ・スノーとノーマルバージョン、クライオバージョンと効き比べその効果と特徴を探る。CDプレーヤーX5000DENTEC最新バージョンを試聴、果たしてピットレーサーを越えることができるか!。そしてDENTEC・TRC-A、最新使いこなしデュアルTRC(なんて贅沢!)と盛りだくさんです。

 まずは、X処理vsクライオ・スーパークライオ処理の対決。試聴はSPケーブルで行いました。当然、同じケーブルにそれぞれ処理をして公平をきします。現在、通販などで入手できるx処理のSPケーブルは、DENON製AK1000/Aを処理したもので、ノーマルのものと、クライオ、スーパークライオ、それぞれ同じ長さ用意して比較しました。CDは、「“土と水”クライオ盤」

左から、DENON製AK1000/A・ノーマル、X処理、クライオ、スーパークライオ。CAT クライオピュアSPケーブル・クライオバージョン(紺)、スーパークライオバージョン(水色)


  • ノーマル つまらない演奏に聴こえる。この一言に尽きますね・・・
  • X処理 クリアで元気のある音!これはいいかも・・・ン?しかし、蝉の声の高さが出ない。SPから離れない。一聴、良いように聴こえるが、鳴り方が粗っぽいのではないかという意見。 確かにノーマルとは大きな違いはありますが・・・。
  • クライオ処理 聴きなれた音。X処理と大きな違いは、まず蝉の声がSPから分離して高さをもって聴こえてくることです。空間表現もリアルです。これに比べるとX処理は平面的かもしれません。
  • スーパークライオ処理 ベースの音、ちゃんと楽器が立って聞こえます。クライオでもこの感じは少なかった。蝉の声が遠くになって、演奏にまとわり付かない。距離、位置関係が最も正確に出ました。さすが! 「アキュレートな音!」

 この度、クライオピュアスピーカーケーブルがバージョンアップとなってスーパークライオ処理となったので合わせて試聴することに。外観は美しい紺色からスケルトンブルーに変更され、新旧の違いはスーパークライオ処理とクライオ処理だそうです。線材はどちらもOFC軟銅線・0.12φ20本×7本撚・被覆PVCです。
 しかし、クライオでは低音がふやけて聴こえているのに対し、スーパークライオでは、低音のしまりも良く、とにかく音にストレスがなくなります。値段が1800円と2000円なので、これはウルトラHiC/Pです。「銀単線のSPケーブルなんて必要ないんじゃないの!」なんて誰かが意地悪を言うと、藤本社長怒りもせずにニコニコしながら、最新のDENTEC2φ銀単線・PTFEテフロン被覆・ CMSシリーズSPケーブルに交換。その音は笑うしかないほどのクオリティーで、さすが単銀線ケーブル!聴いてしまうとこっちが断然いいなーてことになりました。このケーブルを聴かなければ、クライオピュアスピーカーケーブルスーパークライオバージョンが圧倒的に良かったですよ!

 次はX5000DENTECスペシャルバージョンです。最新のクロック回路を搭載し掟破りの丸ごとスーパークライオ。音を出した途端そのS/Nのよさに驚きです。目の前にパッと楽器が現れ、蝉の声も天井から降りそそぎます。これは、ピットレーサーといい勝負じゃないかな!そこでピットレーサーで試聴。悔しいけど楽器の距離感はピットレーサーの方が正確でした、さすがはピットレーサー。しかし今回のX5000DENTEC、ピットレーサーに肉迫した音であることは確かです。明らかな欠点は見当たらないです。距離感だってしっかり調整されてないシステムでは判らないはず!藤本社長の更なる改良に期待しましょう!

 ここでデュアルDENTEC・TRC-Aの登場。まったく同じアッテネーターを2台使用してモノラル・コンストラクションを実現してしまおうというものです。狙い道理の使い方は、重ねないほうが良いのだがスペースの都合で上下に重ねて使用しました。シングル仕様と比べてデュアル仕様では、楽器の胴鳴り、空間の広がりがリアルに再現されました。通常のピンケーブル(アンバランス)以外に、キャノンプラグ(バランス)にも使用できるのも大きな特徴です。このクオリティーで左右のバランスが調製できるというのも嬉しいかもしれません。

 そして、レゾナンスチップ・スノーです。RCCの西野さんより届いたサンプルを使わせていただきました。左の写真、右からノーマル、クライオ、スノーがそれぞれ4個入りです。数にも制限がありどこに貼って使用するか考えた結果、藤本社長も気になっていた天井に張ってみることなりました。「連続した1つの面に1つのチップ」というのがコツだそうです。藤本社長が天井をドンドン叩き、参加者総出で「そこそこ!」「響きが大きく鳴った」「ちょっと戻って・・・」など、ポイントを探り出しました。試聴室天井のSP側と試聴側にそれぞれ1つ張る事に。

  • ノーマル 音像が全体に上にあがって聞こえ、前方に広がる音場の下部分に空白部分ができたようなかんじ。
  • クライオ 天井のチップ周辺に穴が開いたようにそこだけ音が抜けて聞こえる。部分的ではあるが1番効果の出たのはクライオだと思います。使いこなしの難しいチップかも。
  • スノー ヌケが良くなり、ノーマル、クライオで気になった部分は見当たらず。圧迫感が無くなり天井の高さが気にならなくなった。頭上に意識すると教会や寺の本堂に近い感覚。ただし、残響時間は元のままなので「ワーン」とした感じはない。

右からノーマル、クライオ、スノー(銀・黒・白)

 レゾナンスチップスノー、変な癖がなく、おまけに、白の光沢仕上(セラミック製らしいです。)なので壁に貼っても目立たなくていいです。値段はこの中で1番高いけど、部屋のチューニング使用すると、C/Pはとても高いです。
 さて、盛りだくさんの内容の2月定例会でしたが3月は、江川三郎先生を御招きしての春の合宿です!皆さんぜひ参加してください。     

この日、参加できなかったFさんより、
ベッカムのカレンダーをいただきジャンケン争奪戦。
勝ち組は幸先良い新年スタートでした!!


2003.1.19定例会

 今年最初の定例会は何と「A&Vヴィレッジ」誌や「ステレオ」誌、「ステレオのすべて2003」などで大活躍のオーディオライター村井裕弥さんをお迎えしました! 村井さん自身ASC会員なのです。
 お目当ては、「クライオVSスーパークライオ」。

この模様は2月19日発売「A&Vヴィレッジ」(200ページ)に村井裕弥さんのリポートが掲載されています。合わせてお読みください!

 村井さんの参加が決まり、ウェブでしかお知らせすることができなかったため、参加人数は少なめでしたが、その分、村井さんを囲んでとても有意義な時間が過ごせました。
 今日のメインテーマは2つ。“土と水”・WOODsTALKの2枚による、クライオ・スーパークライオ・ARコート処理の実験、そして村井さんお待ちかねのケーブルのクライオVSスーパークライオ対決です。

  • 1-ノーマル盤 ベースがぼやけ、サックスの音色も安っぽい。蝉の声はスピーカーに張り付く。ノーマルはあまり聴いたことがなかったけど、これはちょっと・・・って感じです。
  • 2-クライオ処理盤 おっ、これこれって感じで、安心して聴けるいつもの音に!空間が表現され、ノーマルではスピーカーにまとわり付いていた蝉の声が空から降ってくるように。ベースも輪郭が出て引き締まり、楽器や環境音の位置が判るように。これがASCのリファレンスの音。
  • 3-ARコート処理盤 最近はまっているコート盤である。さすがとしか言い様がない。クライオ盤とは変化の方向の違があるが重心の低さであるとか演奏の抑揚が聴いてとれる。サックスの音は生に限りなく近い!
  • 4-ARコート処理後クライオ処理盤 これはもう笑いさえ出てくる。元は同じプレスしたCDなのにこの差はいったいなんでしょう。サックスの息遣いや、ベースの弦をはじく前の「ため」なんかか目の前で展開される。演奏者の表情が見て取れるような生々しさ。クライオ、コートどちらが正しいかでなく、物理的にも、光学的にもキッチリやらないといけないって事なのだ!

 次に、WOODsTALKの色々4枚。分かりにくいのですが、1-ノーマル盤、2-スーパークライオ盤、3-スーパークライオ後ARコート処理盤、4-ARコート処理後スーパークライオの順に試聴。“土と水”での実験と重複するところがあるので結果から言うと「4-ARコート処理後スーパークライオ盤」が圧巻でした。
 ARコート処理とスーパークライオ処理をどのタイミングで施せば最高のパフォーマンスが得られるのでしょうか。最初にコート処理をして、クライオ処理をコート層にまで施すことが予想以上の結果でした。また、コート処理は高温・真空下で処理を行うため、クライオ処理が戻ってしまうような印象でした。
 この後、電源ケーブルとブレーカーのクライオとスーパークライオの違いを実験。当然のことながらSound Denの電源まわりはCAT社クライオピュアVAケーブル、クライオピュアブレーカーが使用されています。これらをスーパークライオバージョンに交換。その音は、とにかくストレスがなくなったってこと。クライオ処理でも充分かと思っていましたがスーパークライオ化することで広がり、密度、楽器の存在感、柔らかさなど、それまで以上にライブの状況が手に取るように聴いてとれます。オーディオ機器すべてに恩恵が受けられることを考えると、とてもコストパフォーマンスが高い対策と言えるでしょう。

 この後、町に繰り出し村井さんを囲んでミニ新年会に!鉄板焼き、広島風お好み焼きを頬張りながらオーディオ談議。新年早々、内容の濃い定例会になりました。村井さん御忙しいのに本当にありがとうございました。                         


 

←Back