HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal ハイレゾって /セプ太 (15/01/25(Sun) 10:29) [ID:Y6dMYHjQ] #13628
Nomal Re[1]: ハイレゾって /信川 (15/01/27(Tue) 17:02) [ID:tRX2qmfn] #13632
  └Nomal デジタル系へのアプローチ /セプ太 (15/01/28(Wed) 08:14) [ID:Y6dMYHjQ] #13633
    └Nomal Re[3]: デジタル系へのアプローチ /信川 (15/01/28(Wed) 13:20) [ID:tRX2qmfn] #13634
      └Nomal Re[4]: デジタル系へのアプローチ /kanji (15/01/28(Wed) 15:40) [ID:7ueEwkHN] #13635
        └Nomal Re[5]: デジタル系へのアプローチ /信川 (15/01/28(Wed) 16:33) [ID:tRX2qmfn] #13636
          └Nomal Re[6]: デジタル系へのアプローチ /kanji (15/01/28(Wed) 20:21) [ID:ECamXE6P] #13637
            ├Nomal Re[7]: デジタル系へのアプローチ /セプ太 (15/01/28(Wed) 21:05) [ID:Y6dMYHjQ] #13638
            │├Nomal Re[8]: デジタル系へのアプローチ /kanji (15/01/28(Wed) 23:43) [ID:ECamXE6P] #13639
            │└Nomal Re[8]: デジタル系へのアプローチ /信川 (15/01/29(Thu) 12:25) [ID:tRX2qmfn] #13640
            └Nomal Re[7]: デジタル系へのアプローチ /信川 (15/01/29(Thu) 14:56) [ID:tRX2qmfn] #13641
              └Nomal Re[8]: デジタル系へのアプローチ /kanji (15/01/29(Thu) 17:38) [ID:ECamXE6P] #13642
                └Nomal Re[9]: デジタル系へのアプローチ /セプ太 (15/01/29(Thu) 23:19) [ID:Y6dMYHjQ] #13643
                  └Nomal Re[10]: デジタル系へのアプローチ /kanji (15/01/30(Fri) 01:16) [ID:ECamXE6P] #13646
                    └Nomal Re[11]: デジタル系へのアプローチ /セプ太 (15/01/30(Fri) 05:50) [ID:Y6dMYHjQ] #13647


親記事 / ▼[ 13632 ]
■13628 / 親階層)  ハイレゾって
□投稿者/ セプ太 -(2015/01/25(Sun) 10:29:32) [ID:Y6dMYHjQ]
    2015/01/25(Sun) 10:30:52 編集(投稿者)

    去年から色んな環境でCDフォーマットと、いわゆるハイレゾとの比較試聴をしていますが、結局のところ本質論と現場のアウトプットが混同されている事に気付かされています。

    まず最も最悪なケースはハイレゾ化でマスタリングを改悪しているケースがかなり多いと言うこと。音圧レベルを上げる、ダイナミックレンジを圧縮して小さい音を聴き取りやすくする、環境音を後から被せる、等々。ポータブル機器やイヤホンで聴くと良くなった様に聴こえてしまうパターンです。

    次に確認出来たのは、高い周波数を処理する必要があるための機器環境による高周波ノイズの悪影響です。音源クオリティは上がっているのに伝送〜再生時に音をかえって悪くしているケースが確認出来ました。オートグラフなどの高域が伸びていないスピーカーの方がハイレゾの良さが聴こえるケースがありました。

    更にサンプリング周波数の差よりビット深度の差の方が音質に効果がある様にも聴こえました。

    現在自宅ではネットワークオーディオ中ですが、音質に効果があったのは、NASやHUB、LANケーブルなどのいわゆる高周波ノイズ対策でした。理論上デジタルデータ上は音質に変化が無い筈の箇所への対策で音質に変化があるのは、アナログ領域にデジタルの高周波ノイズが影響を与えていると考えるのが無理が無いと感じています。
    HUBの空きポートに電気的、機械的なショート対策をすれば音質に効果がありました。まさにアナログ領域へのアプローチな気がします。
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13628 ] / ▼[ 13633 ]
■13632 / 1階層)  Re[1]: ハイレゾって
□投稿者/ 信川 -(2015/01/27(Tue) 17:02:21) [ID:tRX2qmfn]
    No13628に返信(セプ太さんの記事)
    > 2015/01/25(Sun) 10:30:52 編集(投稿者)
    >
    > 去年から色んな環境でCDフォーマットと、いわゆるハイレゾとの比較試聴をしていますが、結局のところ本質論と現場のアウトプットが混同されている事に気付かされています。
    >
    > まず最も最悪なケースはハイレゾ化でマスタリングを改悪しているケースがかなり多いと言うこと。音圧レベルを上げる、ダイナミックレンジを圧縮して小さい音を聴き取りやすくする、環境音を後から被せる、等々。ポータブル機器やイヤホンで聴くと良くなった様に聴こえてしまうパターンです。
    >
    > 次に確認出来たのは、高い周波数を処理する必要があるための機器環境による高周波ノイズの悪影響です。音源クオリティは上がっているのに伝送〜再生時に音をかえって悪くしているケースが確認出来ました。オートグラフなどの高域が伸びていないスピーカーの方がハイレゾの良さが聴こえるケースがありました。
    >
    > 更にサンプリング周波数の差よりビット深度の差の方が音質に効果がある様にも聴こえました。
    >
    > 現在自宅ではネットワークオーディオ中ですが、音質に効果があったのは、NASやHUB、LANケーブルなどのいわゆる高周波ノイズ対策でした。理論上デジタルデータ上は音質に変化が無い筈の箇所への対策で音質に変化があるのは、アナログ領域にデジタルの高周波ノイズが影響を与えていると考えるのが無理が無いと感じています。
    > HUBの空きポートに電気的、機械的なショート対策をすれば音質に効果がありました。まさにアナログ領域へのアプローチな気がします。

    本当に悲しくなるようなマスタリングを施してしまっている物が有るようですね。
    ホンモノの音!と信じていると思い切り裏切られます。

    エンジニアはそれが自分の仕事と思ってやっているはずですが、余計な事をしないのも仕事であるとだれか教えてくれないですかね?

    ASCには確認音源がありますから救われますね。

    ステレオ2月号の付録のテスト信号の入ったCDも良いですよ。
    今は聞かなきゃ良かったとちょっと思っていますが・・orz

    デジタル系へのセプ太さんの最近のアプローチ、参考にさせてもらいます。
    実践はもう少し足下を固めてからボチボチと。

[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13632 ] / ▼[ 13634 ]
■13633 / 2階層)  デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ セプ太 -(2015/01/28(Wed) 08:14:27) [ID:Y6dMYHjQ]
    ASCの活動として自分達で手を動かせる事を色々試し、情報を共有するのは良い事と思います。半田ごてを持ち出すものはどなたにでもと言う訳にはいきませんが、情報を知る事だけでも音質に影響する本質がわかってくるので製品やアクセサリーを選ぶ参考になるかもしれません。「使いこなし」の話題が最近あまりASCで出て来ないのは少し寂しいですかね?

    NASやHUBやLANケーブルで何故音が変わるのか? 又その変わり方(改善のされ方)が一様に同じ方向である事などから、最近何と無くわかって来た様な気がします。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13633 ] / ▼[ 13635 ]
■13634 / 3階層)  Re[3]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ 信川 -(2015/01/28(Wed) 13:20:22) [ID:tRX2qmfn]
    2015/01/28(Wed) 13:28:41 編集(投稿者)

    No13633に返信(セプ太さんの記事)
    > ASCの活動として自分達で手を動かせる事を色々試し、情報を共有するのは良い事と思います。半田ごてを持ち出すものはどなたにでもと言う訳にはいきませんが、情報を知る事だけでも音質に影響する本質がわかってくるので製品やアクセサリーを選ぶ参考になるかもしれません。「使いこなし」の話題が最近あまりASCで出て来ないのは少し寂しいですかね?
    >
    > NASやHUBやLANケーブルで何故音が変わるのか? 又その変わり方(改善のされ方)が一様に同じ方向である事などから、最近何と無くわかって来た様な気がします。

    デジタルデータがストレージで音が違うのはデータにノイズが混入するから〜
    なんていうことがまことしやかに言われていますが、騙されないように(笑)
    普通のHDDのエラー確率は10~-14という保証値です。
    実験された方が居まして、12Tを読み書きしてもエラーは0でした。
    ノイズが混入する・・って、どんなノイズなんでしょ?

    正しい見識をもってアプローチしないと痛い目に遭いそうです。

    しかし結局アナログに変換しないと音にはならないので、そこでクロックや
    ノイズが重要になってくるんですね。

    電源、クロック、ノイズ処理・・今までとそう変わらない気がします。

[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13634 ] / ▼[ 13636 ]
■13635 / 4階層)  Re[4]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ kanji -(2015/01/28(Wed) 15:40:18) [ID:7ueEwkHN]
    2015/01/28(Wed) 15:43:42 編集(投稿者)
    No13634に返信(信川さんの記事)
    > 2015/01/28(Wed) 13:28:41 編集(投稿者)
    >
    > ■No13633に返信(セプ太さんの記事)
    > > ASCの活動として自分達で手を動かせる事を色々試し、情報を共有するのは良い事と思います。半田ごてを持ち出すものはどなたにでもと言う訳にはいきませんが、情報を知る事だけでも音質に影響する本質がわかってくるので製品やアクセサリーを選ぶ参考になるかもしれません。「使いこなし」の話題が最近あまりASCで出て来ないのは少し寂しいですかね?
    > >
    > > NASやHUBやLANケーブルで何故音が変わるのか? 又その変わり方(改善のされ方)が一様に同じ方向である事などから、最近何と無くわかって来た様な気がします。
    >
    > デジタルデータがストレージで音が違うのはデータにノイズが混入するから〜
    > なんていうことがまことしやかに言われていますが、騙されないように(笑)
    > 普通のHDDのエラー確率は10~-14という保証値です。
    > 実験された方が居まして、12Tを読み書きしてもエラーは0でした。
    > ノイズが混入する・・って、どんなノイズなんでしょ?
    >
    > 正しい見識をもってアプローチしないと痛い目に遭いそうです。
    >
    > しかし結局アナログに変換しないと音にはならないので、そこでクロックや
    > ノイズが重要になってくるんですね。
    >
    > 電源、クロック、ノイズ処理・・今までとそう変わらない気がします。
    >

    ストレージで音が違うのは記録されているデータにノイズが混入していたりデータを読み間違えるためではなく、データの読み出しのプロセスでノイズが発生しDA変換に影響するということのようですね。

    特にSSDではMOSトランジスタのセルごとの電荷のばらつきやアドレスラインの動きがノイズ源となるので、データの断片化や階層の増加で使っているうちに徐々に音が悪くなるという問題があるようです。

    容量の大きなSSDほどこの傾向があり、以前から半導体メモリーは容量が小さい方が音がよいと言われていたのもこのためだと思われます。

    こういうところにもデジタルオーディオの音質改善のヒントがあるのですが、逆にこういうことが山のようにあるために、すんなりとハイレゾがCDより良い音になってくれないのだと思います。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13635 ] / ▼[ 13637 ]
■13636 / 5階層)  Re[5]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ 信川 -(2015/01/28(Wed) 16:33:07) [ID:tRX2qmfn]
    No13635に返信(kanjiさんの記事)
    > 2015/01/28(Wed) 15:43:42 編集(投稿者)
    > ■No13634に返信(信川さんの記事)
    > > 2015/01/28(Wed) 13:28:41 編集(投稿者)
    > >
    > > ■No13633に返信(セプ太さんの記事)
    > > > ASCの活動として自分達で手を動かせる事を色々試し、情報を共有するのは良い事と思います。半田ごてを持ち出すものはどなたにでもと言う訳にはいきませんが、情報を知る事だけでも音質に影響する本質がわかってくるので製品やアクセサリーを選ぶ参考になるかもしれません。「使いこなし」の話題が最近あまりASCで出て来ないのは少し寂しいですかね?
    > > >
    > > > NASやHUBやLANケーブルで何故音が変わるのか? 又その変わり方(改善のされ方)が一様に同じ方向である事などから、最近何と無くわかって来た様な気がします。
    > >
    > > デジタルデータがストレージで音が違うのはデータにノイズが混入するから〜
    > > なんていうことがまことしやかに言われていますが、騙されないように(笑)
    > > 普通のHDDのエラー確率は10~-14という保証値です。
    > > 実験された方が居まして、12Tを読み書きしてもエラーは0でした。
    > > ノイズが混入する・・って、どんなノイズなんでしょ?
    > >
    > > 正しい見識をもってアプローチしないと痛い目に遭いそうです。
    > >
    > > しかし結局アナログに変換しないと音にはならないので、そこでクロックや
    > > ノイズが重要になってくるんですね。
    > >
    > > 電源、クロック、ノイズ処理・・今までとそう変わらない気がします。
    > >
    >
    > ストレージで音が違うのは記録されているデータにノイズが混入していたりデータを読み間違えるためではなく、データの読み出しのプロセスでノイズが発生しDA変換に影響するということのようですね。
    >
    > 特にSSDではMOSトランジスタのセルごとの電荷のばらつきやアドレスラインの動きがノイズ源となるので、データの断片化や階層の増加で使っているうちに徐々に音が悪くなるという問題があるようです。
    >
    > 容量の大きなSSDほどこの傾向があり、以前から半導体メモリーは容量が小さい方が音がよいと言われていたのもこのためだと思われます。
    >
    > こういうところにもデジタルオーディオの音質改善のヒントがあるのですが、逆にこういうことが山のようにあるために、すんなりとハイレゾがCDより良い音になってくれないのだと思います。

    様々な電源(特にSW電源)、アースラインや勿論電源ラインへその他の電子機器からのIFが影響していると考えられますね。
    良い音・・これの判断が難しいのですが、すんなりと情報量を得る事が出来るのは確かなようです。
    また、CDをリッピングして感じるのは、劣化しているCDの多い事。
    特に傷がある訳でもないのに、何度もリトライして読みに行くCDもあります。
    プレーヤーでは何事もなく掛かってしまうので、実はひどい事になっている
    可能性もあります。

[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13636 ] / ▼[ 13638 ] ▼[ 13641 ]
■13637 / 6階層)  Re[6]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ kanji -(2015/01/28(Wed) 20:21:39) [ID:ECamXE6P]
    No13636に返信(信川さんの記事)
    >
    > 様々な電源(特にSW電源)、アースラインや勿論電源ラインへその他の電子機器からのIFが影響していると考えられますね。
    > 良い音・・これの判断が難しいのですが、すんなりと情報量を得る事が出来るのは確かなようです。
    > また、CDをリッピングして感じるのは、劣化しているCDの多い事。
    > 特に傷がある訳でもないのに、何度もリトライして読みに行くCDもあります。
    > プレーヤーでは何事もなく掛かってしまうので、実はひどい事になっている
    > 可能性もあります。
    >

    リッピングについて、どうしてCDドライブやリッピングソフトで音に差が出るのでしょうね。

    同じストレージに同じファイルをつくれば、データそのものや読み込みに差はないはずですが、不思議です。

    ところでCDのリッピングですが、信川さんと私は同じCDドライブで同じソフトだと思いますが、ウチでは見た目にわかるほどひどいCDでなければ読み込み速度が落ちたりリトライしている様子はありません。

    リトライがかかるCDを他のPCのドライブでAudio Gateなどの適当なソフトでリッピングしてみてはどうでしょうか?

    サクッとリッピングできれば、CDには問題ないと思います。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13637 ] / ▼[ 13639 ] ▼[ 13640 ]
■13638 / 7階層)  Re[7]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ セプ太 -(2015/01/28(Wed) 21:05:21) [ID:Y6dMYHjQ]
    2015/01/28(Wed) 21:08:41 編集(投稿者)

    おや、盛り上がっていますね!
    CDリッピングで音質が変わると言う事を実は信じていません!(問題発言)
    なので実は検証すらしていません(笑)。
    信川さんの言う通りデジタルデータ自身にノイズがデータとして混入したりはしない筈です。読み取りエラーが有ってビットエラーやエラー訂正が入れば勿論データが変わるので音は変わりますが、エラーが無い前提だと音は変わらない筈ですね。なのでリッピングでデータエラーが出る以外の音質の差は無いと信じることにしています。
    しかし現実にはリッピング用ドライブで音質が変わると言う事らしいので読み取りエラー以外の原因を誰か説明してくれませんか!

    あと、じゃあ配信サイトからのダウンロードの場合はどうでしょうか?それこそ海外からも含め伝送経路なんてそりゃもう個々に余りにも条件が違います。考え出したらやってられませんよねえ。

    データコピーで音質が変わる話はお次に書きたいと思います。こちらは先のkanjiさんの書き込みと同じで音質が変わる原因に納得性のある説明が有りそうです。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13638 ] / 返信無し
■13639 / 8階層)  Re[8]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ kanji -(2015/01/28(Wed) 23:43:03) [ID:ECamXE6P]
    2015/01/29(Thu) 00:14:34 編集(投稿者)
    2015/01/29(Thu) 00:05:31 編集(投稿者)
    2015/01/28(Wed) 23:47:33 編集(投稿者)
    No13638に返信(セプ太さんの記事)
    > 2015/01/28(Wed) 21:08:41 編集(投稿者)
    >
    > おや、盛り上がっていますね!
    > CDリッピングで音質が変わると言う事を実は信じていません!(問題発言)
    > なので実は検証すらしていません(笑)。
    > 信川さんの言う通りデジタルデータ自身にノイズがデータとして混入したりはしない筈です。読み取りエラーが有ってビットエラーやエラー訂正が入れば勿論データが変わるので音は変わりますが、エラーが無い前提だと音は変わらない筈ですね。なのでリッピングでデータエラーが出る以外の音質の差は無いと信じることにしています。
    > しかし現実にはリッピング用ドライブで音質が変わると言う事らしいので読み取りエラー以外の原因を誰か説明してくれませんか!
    >
    > あと、じゃあ配信サイトからのダウンロードの場合はどうでしょうか?それこそ海外からも含め伝送経路なんてそりゃもう個々に余りにも条件が違います。考え出したらやってられませんよねえ。
    >
    > データコピーで音質が変わる話はお次に書きたいと思います。こちらは先のkanjiさんの書き込みと同じで音質が変わる原因に納得性のある説明が有りそうです。


    ストレージに記録されているデジタルデータは微弱で、読み込みの際は増幅し補正されてほぼエラーなく0か1に張り付くわけですが、このプロセスで反転ノイズなどが発生しDA変換に悪影響を及ぼすとすれば、補正が少ない読み取りやすいデータファイルが音がよいということになります。

    デジタルデータはHDDでは波形磁気データ、SSDなどの半導体メモリーでは各セルの電荷として記録されるので、いずれにしても記録されたデータは完璧に0または1のデータではなく0または1に近いデータで、読み込み時には補正で0と1に分けています。

    何度もコピーを繰り返すと徐々にもとの0または1のデータから徐々に離れていき、補正で元と同じデータとなっても補正によるノイズの影響が徐々に大きくなり音質が悪化するのではないでしょうか。

    逆にもし、より読み取りやすい(補正が少ない)データファイルに作り替えることができれば、音が良くなる場合もあるのではないかと思います。

    リッピングにおいても、この読み取りやすいデータファイルが作れるかどうかがリッピングソフトやCDドライブにかかっているのではないでしょうか?

    実際に、リッピングソフトやCDドライブで音質が変わるのは明らかで、検証してみるとすぐにわかると思います。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13638 ] / 返信無し
■13640 / 8階層)  Re[8]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ 信川 -(2015/01/29(Thu) 12:25:56) [ID:tRX2qmfn]
    No13638に返信(セプ太さんの記事)
    > 2015/01/28(Wed) 21:08:41 編集(投稿者)
    >
    > おや、盛り上がっていますね!
    > CDリッピングで音質が変わると言う事を実は信じていません!(問題発言)
    > なので実は検証すらしていません(笑)。
    > 信川さんの言う通りデジタルデータ自身にノイズがデータとして混入したりはしない筈です。読み取りエラーが有ってビットエラーやエラー訂正が入れば勿論データが変わるので音は変わりますが、エラーが無い前提だと音は変わらない筈ですね。なのでリッピングでデータエラーが出る以外の音質の差は無いと信じることにしています。
    > しかし現実にはリッピング用ドライブで音質が変わると言う事らしいので読み取りエラー以外の原因を誰か説明してくれませんか!

    いや、そりゃ当然ドライブやソフトによって変わりますよ。
    もともと音楽CDにはアドレス情報が有りません。つまりデータがどこから始まって何処で終わっているのかはレーザーを当てて連続して読んでいかないと判らないのです。
    ここで@ドライブに様々なエラーを検知する機能の有る無し、Aリッピングソフトの過去に他人が同じディスクを読んだときのデータや同じ領域を読んで同じデータが得られるかを比較して厳密性を高める機能が有るかどうかで変わります。
    @の理由でPremium2が選ばれAの理由でEAC等が選ばれているのです。

    >
    > あと、じゃあ配信サイトからのダウンロードの場合はどうでしょうか?それこそ海外からも含め伝送経路なんてそりゃもう個々に余りにも条件が違います。考え出したらやってられませんよねえ。

    いったんデータの形になってしまったら同じだと思います。

    >
    > データコピーで音質が変わる話はお次に書きたいと思います。こちらは先のkanjiさんの書き込みと同じで音質が変わる原因に納得性のある説明が有りそうです。

    連続読み出しするデータに変換しない限りほぼエラーは無いと見なして良いのでは?
    この場合経年変化は別の次元の話です。

[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13637 ] / ▼[ 13642 ]
■13641 / 7階層)  Re[7]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ 信川 -(2015/01/29(Thu) 14:56:18) [ID:tRX2qmfn]
    No13637に返信(kanjiさんの記事)
    > ■No13636に返信(信川さんの記事)
    > >
    > > 様々な電源(特にSW電源)、アースラインや勿論電源ラインへその他の電子機器からのIFが影響していると考えられますね。
    > > 良い音・・これの判断が難しいのですが、すんなりと情報量を得る事が出来るのは確かなようです。
    > > また、CDをリッピングして感じるのは、劣化しているCDの多い事。
    > > 特に傷がある訳でもないのに、何度もリトライして読みに行くCDもあります。
    > > プレーヤーでは何事もなく掛かってしまうので、実はひどい事になっている
    > > 可能性もあります。
    > >
    >
    > リッピングについて、どうしてCDドライブやリッピングソフトで音に差が出るのでしょうね。
    >
    > 同じストレージに同じファイルをつくれば、データそのものや読み込みに差はないはずですが、不思議です。

    CDDAから読み込んだデータはドライブやソフトで違っているはずですよ。

    >
    > ところでCDのリッピングですが、信川さんと私は同じCDドライブで同じソフトだと思いますが、ウチでは見た目にわかるほどひどいCDでなければ読み込み速度が落ちたりリトライしている様子はありません。

    PCの性能やセットアップされているソフトも違いますからね。
    また、いろいろ探ってみるとPremium2/JPKと/TONK はハード自体が別物らしいですね。
    EACの設定も違うのかな?
    ドライブ設定も、いろいろ設定があって難しいのですが、ウチは読み取りクオリティを最大にしています。(つもりです?)

    >
    > リトライがかかるCDを他のPCのドライブでAudio Gateなどの適当なソフトでリッピングしてみてはどうでしょうか?

    別ドライブもセットしていますが、全く読み取れないCD以外は気にならないので
    そのままPremium2を使っています。
    リトライを無限にすると2時間以上掛けてコンペアしながら読み込むCDも有りましたが、最終的にエラー無しで読み込めるのが不思議です。
    今は面倒なので、読めないCDはPioneerのドライブで読み込んだり、厳密読み込みの
    設定を軽くしたりして読み込んでいます。または諦めて読み込みを止めます(笑)

    最近WAVは諦めてFLACにリッピングし直しています。DAC10の場合FLACでも音質は大丈夫でした。
    メタデータが埋められないのがWAVの最大の欠点ですね。
    曲数が多くなると訳がわからなくなります。

    >
    > サクッとリッピングできれば、CDには問題ないと思います。

    今の設定で60分のCDをリップするのに15−20分掛かります。

[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13641 ] / ▼[ 13643 ]
■13642 / 8階層)  Re[8]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ kanji -(2015/01/29(Thu) 17:38:45) [ID:ECamXE6P]
    No13641に返信(信川さんの記事)

    > > 同じストレージに同じファイルをつくれば、データそのものや読み込みに差はないはずですが、不思議です。
    >
    > CDDAから読み込んだデータはドライブやソフトで違っているはずですよ。
    >

    セクター情報を持たないCDDAのトラックからWAVファイルを作るのにドライブやソフトが違えば厳密には同一のものにはならないでしょうが、音声信号としてのデータは変わらないのではないでしょうか?

    > >
    > > ところでCDのリッピングですが、信川さんと私は同じCDドライブで同じソフトだと思いますが、ウチでは見た目にわかるほどひどいCDでなければ読み込み速度が落ちたりリトライしている様子はありません。
    >
    > PCの性能やセットアップされているソフトも違いますからね。
    > また、いろいろ探ってみるとPremium2/JPKと/TONK はハード自体が別物らしいですね。
    > EACの設定も違うのかな?
    > ドライブ設定も、いろいろ設定があって難しいのですが、ウチは読み取りクオリティを最大にしています。(つもりです?)
    >
    > > リトライがかかるCDを他のPCのドライブでAudio Gateなどの適当なソフトでリッピングしてみてはどうでしょうか?
    >
    > 別ドライブもセットしていますが、全く読み取れないCD以外は気にならないので
    > そのままPremium2を使っています。
    > リトライを無限にすると2時間以上掛けてコンペアしながら読み込むCDも有りましたが、最終的にエラー無しで読み込めるのが不思議です。
    > 今は面倒なので、読めないCDはPioneerのドライブで読み込んだり、厳密読み込みの
    > 設定を軽くしたりして読み込んでいます。または諦めて読み込みを止めます(笑)
    >

    確かにPCも違えば環境も違いますが、通常でもリッピングに15−20分かかる信川さんの所の現象はちょっと極端なような気がします。

    EACで読み込めないのはすべてCDの劣化が原因ではなく、EACとドライブの相性という可能性が考えられませんか。

    Premium2/TONKはもともとデュプリケーター用のドライブなので省かれた機能がいくつかあるのですが、EACの設定を全て高品位、厳密読み込みで、読み込み速度を微妙に調整しながらでもストレスなく読み込めます。

    もう一つ、ピックアップの劣化という問題も考えなくてはならないと思いますが、いずれにしても消耗品ですので、将来どうするか悩ましいところですね。

    > 最近WAVは諦めてFLACにリッピングし直しています。DAC10の場合FLACでも音質は大丈夫でした。
    > メタデータが埋められないのがWAVの最大の欠点ですね。
    > 曲数が多くなると訳がわからなくなります。
    >

    デジタルオーディオの一つのメリットである便宜性を考えるとFLACということになるのでしょうね。

    ただし、FLACがWAVより音質的に優れている可能性はないので、今は音の違いが判らなくても、環境が煮詰まってくると違いがわかるようになるかもしれない、というかそうならなくてはならないと思います。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13642 ] / ▼[ 13646 ]
■13643 / 9階層)  Re[9]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ セプ太 -(2015/01/29(Thu) 23:19:04) [ID:Y6dMYHjQ]
    整理しつつ私見を。CDのリアルタイム再生は読み取りエラーによる待ったが効かないのでクロスインターリーブ、リードソロモンと言う賢いエラー対応をしています。リッピングの場合はドライブやソフト、CDの状態などの原因でどこまでビットパーフェクト出来るか?により、まずは「エラーの有無、多少」で音質が変わるケース。データが違うので音が変わって当然です。
    次にkanjiさんの書かれた、1か0の状態、これも理解出来ます。成る程!読み取りやすいかどうか?考えられますね。但しデータコピーを繰り返すとどんどん悪くなる、は違う気がします。むしろCDリッピングと言う不安定なデータ作成から解放され、データ自身は同じでリアルタイム再生で無いので安定したデータ化する可能性の方があると考えています。
    更には、PCにリッピングしたデータを別のNASなどにコピーする際に断片化したファイルが最適化されることで音質が良くなる可能性だってあると思うのです。(断片化が少ない方がCPU負荷が減りノイズが減る可能性)
    kanjiさんの書かれたSSDなどのデータが増えると音質が悪くなる原因と本質が同じような。

    WAVとFLACの音質の違い。圧縮解凍とタグ情報を含むことによるやはり読み取り時のCPU負荷の影響でしょう。ファイル名の文字数が少ない方が音質が良いと言う人もいます!私にはそこまでの聴き分けは無理ですが。因みに私はFLACですがCDリッピングには圧縮率0(非圧縮)にしています。ファイルサイズより音質重視です。WAVとの差は私には聴き分けは出来ません。

[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13643 ] / ▼[ 13647 ]
■13646 / 10階層)  Re[10]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ kanji -(2015/01/30(Fri) 01:16:48) [ID:ECamXE6P]
    No13643に返信(セプ太さんの記事)

    普通、データのコピー時にエラーなどで情報が失われたり、データそのものが変わってしまったりすることはありませんよね。

    運が良いと、コピー先のファイルの状態の方が音がよいなんて言うこともあり得ると思います。

    ただし、データ読み出し時のノイズの影響や断片化を考えると、コピーの繰り返しで音が良くなる可能性は低いのではないでしょうか。

    私は無造作なコピーの繰り返しでは、徐々に悪くなると思っています。

    ただし、私自身そんなにコピーを繰り返して使うこともありませんし、実際に数回程度のコピーでは音質劣化の実感は全くありません。

    それより、再生時にそのデータファイルが置かれているストレージが何かによる音質の違いの方が大きいと思います。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 13646 ] / 返信無し
■13647 / 11階層)  Re[11]: デジタル系へのアプローチ
□投稿者/ セプ太 -(2015/01/30(Fri) 05:50:03) [ID:Y6dMYHjQ]
    2015/01/30(Fri) 06:32:03 編集(投稿者)

    2015/01/30(■No13646に返信(kanjiさんの記事)
    > 普通、データのコピー時にエラーなどで情報が失われたり、データそのものが変わってしまったりすることはありませんよね。
    > ただし、データ読み出し時のノイズの影響や断片化を考えると、コピーの繰り返しで音が良くなる可能性は低いのではないでしょうか。

    断片化されていたデータが最適化されることのケースです。配信される場合にはまさにその辺の問題がリセットされると言う仮説に個人的には納得したりしています。そうで無いとハイレゾ配信なんて全く信頼性のない再現性のないものになりそうです。

    CDリッピング時の不安定さよりデータコピー時の不安定さの方が圧倒的に少なそうです。

    あとはメタデータを後から追加編集した場合は断片化を促進するので一旦別のストレージにコピーして最適化されるパターンはある可能性だって有りそうです。

    > ただし、私自身そんなにコピーを繰り返して使うこともありませんし、実際に数回程度のコピーでは音質劣化の実感は全くありません。
    >
    > それより、再生時にそのデータファイルが置かれているストレージが何かによる音質の違いの方が大きいと思います。

    はい!実はそれが本質論ですね。くどくど理論議論書きましたが私もデータコピー時の劣化や向上など聴き取れません!(笑)話題を出したのはデジタルファイル再生の音質の変化の原因、何故CDに簡単に負けるケースがあるのか?を検証して、ファイル再生のメリットの方をできるだけ取り出したいとの想いです。ハイレゾはそのついでくらいの感覚です。

    でも結局CDと同じで、高周波ノイズ、ジッター、電源、振動、ですね。特に高周波ノイズはCDに比べて悪条件になるので、まずはそこから。
[ 親 13628 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -